めまいに効く薬とは それは更年期にも効果あるのか

トップページ → めまいに効く薬とは それは更年期にも効果あるのか

めまいに効く薬

 

今回はめまいに効果のある薬のお話をしたいと思います。めまいに効果のある薬として知られているものはいくつかあります。

 

1つ目として、内耳循環改善薬のメリスロンという薬についてです。メリスロンを服用にすることで、内耳の機能を促進させて、めまいの症状を抑制します。

 

さらにメリスロンには、吐き気やおう吐の症状も抑制させる作用があるため、メニエール病の治療薬として処方されることもとても多いです。めまいだけではなく、吐き気などの症状がある場合も、メリスロンが処方されることが多いです。

 

次に、脳循環改善薬であるアデホスコーワという薬剤は、血管を広げる効果もあります。血管を広げて血行を促進させて、めまいの症状を改善していく薬剤となっています。

 

そして最後に、抗ヒスタミン薬のトラベルミンについてです。車酔いとしても、トラベルミンが使われています。トラベルミンを服用することで、内耳にあまり刺激を与えないようにすることができるようになっています。内耳に刺激を与えないようにすることで、めまいを防ぐことができるのです。

 

いずれの薬にしても、服用をすることによって副作用が現れることもありますから、必ず医師に診断をしてもらって、適切な薬を処方してもらいましょう。

 

人によって体質が違っているのですから、口コミや人の話を聞いただけで、その薬を服用しないようにしてください。また、めまいの原因が深刻な病気によるものだったということもありますから、早期診察をしてもらうべきです。

 

更年期が原因のめまいの場合は・・・

 

めまいといっても原因が年齢と女性ホルモン的なことによる更年期だとしたら上記のような薬よりも更年期サプリを利用するほうが効果的でしょう。最近はありとあらゆるバラエティに富んだラインナップになっているため参考にしてみてはいかがでしょうか。