バストはどのように構成されているの?

トップページ → バストはどのように構成されているの?

バストはどのように構成されているの?

バストがどのようにして成り立っているのかを知ることによって、バストアップをしていきやすくすることもできるでしょう。

 

胸の奥には大胸筋といわれる筋肉があるのですが、この大胸筋が乳房の脂肪を支えているのです。ですから、この大胸筋が衰えてしまうと、バストの形が崩れてしまったり、垂れてしまったりするのです。

 

次にバストにハリを与えているのは、クーパー靭帯というコラーゲンでできた繊維束となっています。

 

そしてバストの仲というのは、乳腺脂肪体と乳腺によって作り出されています。乳腺脂肪体はバストのハリや形を形成するために必要不可欠なものとなっており、一種の皮下脂肪となっています。

 

女性のバストというのは、乳腺が1割、残りの9割は脂肪によってつっくり出されているのです。乳腺を成長させることによって、乳腺の周りにある乳腺脂肪体も増加していくことになりますから、バストアップをしていくことができるのです。

 

成長ホルモンというのは、思春期になると分泌が止まり、次に女性ホルモンが分泌されるようになります。女性ホルモンが分泌されることによって、乳腺や乳腺脂肪体を発達させていくことができるようになるのです。

 

20代になってからも女性ホルモンというのは分泌をしていくことになり、バストにも影響を与え続けることになるのです。

 

つまりバストを大きくしていきたいと考えているのであれば、この女性ホルモンの分泌を活発に行っていくようにしなくてはなりません。バストアップをしていくのであれば、いかにして女性ホルモンを正常に分泌させていくことができるのかを考えるようにしなくてはならないのです。

 

この女性ホルモンも、プロゲステロンとエストロゲンに分かれていますが、どちらかだけを分泌させればいいというわけではなく、バランスよく分泌させるようにしなくてはなりません。