バストをどうしても大きくすることができない時に考えられる原因

トップページ → バストをどうしても大きくすることができない時に考えられる原因

バストをどうしても大きくすることができない時に考えられる原因

バストアップをすることができない原因について考えていきたいと思います。バストアップをすることができないのは、女性ホルモンを正常に活動させていないことが原因であることが多いです。

 

思春期になると、黄体ホルモンであるプロゲステロンと卵胞ホルモンであるエストロゲンが徐々に分泌されていくことになります。バランスよくエストロゲンとプロゲステロンが分泌されるようになると、女性らしい体つきになっていくため、バストも大きくなっていくのです。

 

女性ホルモンが異常になっているのであれば、病院に行って原因を突き止めるようにしたほうがいいかもしれません。

 

次に考えられることは、栄養バランスが偏ってしまっているというものです。一気にダイエットをしようとしてしまうと、視床下部にあるホルモンの分泌を司る個所が正常に機能しなくなってしまうこともあります。これによって、エストロゲンが正常に分泌されなくなってしまうということもあります。

 

また、ストレスを抱えてしまっている場合も、そのストレスが大きかったら、女性ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。

 

次に乳腺が発達しきれていない場合も、バストを大きくすることはできません。この乳腺というのは、脂肪組織と乳腺組織の二つが存在しています。

 

若い頃は、乳腺組織が大半を占めている状態になっているのですが、それ以降は乳腺組織だけではなく脂肪組織も増えてしまいます。そして、閉経をすると、乳腺組織がほとんどなくなってしまうのです。乳腺組織がないと、乳腺を発達させられず、バストも大きくならないのです。

 

次に乳腺組織はあっても、脂肪が少なかったらバストは大きくなりません。脂肪組織が増えてくるため、バストの大きさだけではなく、ハリや弾力にも影響を与えることになります。

 

バストを大きくする作用がある栄養素や女性ホルモンというのは、血液とともに全身に供給されているのですが、その血液の流れが良くなかった場合、女性ホルモンや栄養素を十分に供給することができなくなってしまいます。ですから、体を温めて血液の流れを改善していく必要があるのです。